セクシャバで働く私の気持ち

私は岡山の某セクキャバで昼営業しています。ようやく半年経過しました。しかしこの半年間何度もセクキャバで仕事するの辞めようかと思いました。

なぜならウチのお店って店内入口には過激なサービスするお客様は出入り禁止って貼り紙あるのに、それでもおじさん連中で過激なサービスを要求してくる人が多かったですもの。

例えば、「俺のあそこ元気にしてくれ!姉ちゃんのおっぱいみるとあそこがピラミッドになると思うから!」と言ってきてボーイさんが見てないのを良いことにトランクスの上から触ってたら「生で触って!」と言ってきたので まあサービスやし仕方ないかと思って生でちょっと触ったら、白い液体が手のひらにびっしょりついてきて大変なこともありました。

また最初の頃このお店で来店してくるお客様に店外デートしようとか何人にも言われてお断りするのも一苦労だったんです。

ボーイさんには特に何も注意されないけどお客様との接客で本当に難しかったです。

指名取るように言われてたけど、それはまあメール教えたお客様に適度にメールしたら普通に再度来られるお客様は何人もいらっしゃいました。
でも、自分の身体を強引に触られたり不潔そうな人にディープキスを求められたり毎日大変なんです。

なので、お客様によりサービス内容を自分の中でルール化しちょっと変えて変化に富んだ接客をするようになり指名も増えたし、好きな雰囲気の人には神対応、嫌なお客様には塩対応はしないけど最低限明るく接することができるようになり今に至ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です